tadkgwのブログ

おもいっきり

生計を一にする

判断は意識である。共通認識は対話による。相互承認は集団的意識があるかの様で不明です。意識は身体的自己ありきと規定しておくと、お題は数名の宇宙的市民の新しい生活様式と言える。そこで、私が考えたのは、家内制手工業補完システムモデルであります。さあ家で通貨は製造できませんので、ここでのお金を外貨のごとく調達するが、個々の消費規模やら外的対象の価値は計画できませんモデル形成の準備も合意が必要な半地下家族の如く予期せぬ事態も世帯としてはらむのです、因子の充足が十分なら、ここにあれば幸いなのです。条件付きの最大多数のなんとやらは、所謂民主で自由な経済成長とかなんとやら既に既存の流行に溺死するしかないなら、取り込める成長と、定住の持続つまり日常茶飯事の在り来たりの不足を補填均衡の工夫とその方法が前提でなければ、この不穏な島に着いたのだから、選択の余地はない装置としての公は実践的に知らないと、、例えば週に28時間を越える労働で許可を取消すなどがあることに対策を練る回避も外貨という税金の一部でやっていけない、郷に入っては郷に従うのが非力な宇宙人的在住なのです、15年内に外貨とか公に依存しない体質と装置装備を、実践的に配置習慣しないと、何時か災害に耐えれないと、明言しておきます。