tadkgwのブログ

おもいっきり

「捨てられないもの」

題が思いつかない、題がすてられないものです。で中身、超音速ミサイルについて最早武器の極限、先制攻撃も意味ない。非武装宣言して、その予算を温暖化対策にすると宣言すれば、とりあえず非武装中立路線に地位協定もへったくれもない。ウイルスという非生物に類として勝てない。小生、地球人つまり宇宙人としてヒト類の雑食動物かつ知識の累積に盲目だったが、果たして知識の主に99%仮説で、それもヒトの解像度の領分でしかない狭さなのだ。生存する動物として知恵と文化がその発想が常識の偏見の塊であれ喜怒哀楽の情緒とともに享受されないと幸福ではないと感じる。この田舎の島に生息して観てみぬふりもありだけれど、ヒト新生は古代以前でも、中世近世、近代でもない地質年代で、ずっと無駄骨だったとは思いたくない。成長しないなあと子供らの成長に教え育てるには大人の人でなしぶりに悲嘆する。この広い宇宙には宇宙非生物の環境もたくさんあると、機械という非生物の環境もありそうに思う。お題に戻って、草野球遊びの思い出も捨てられない、野球は好きではない現代でも。ミスもエラーもヒトらしいけれど、正解と責任ほど馬鹿げたルールはない。限定的な機械がそれには向いている。活字と数字への信仰もやりきれない気分である。さては文化と言葉くらい不自由ない電脳をICOTではないが、非暴力多様の必要を思う昨今。キューバじゃないけど、災害救助と未病医療に特化した芸術立国も攻撃対象にも覇権テロルにも関わらないのに。自然に包摂された人類学の世の中です。近現代は崩壊する。鏡開きの風習のままに。