tadkgwのブログ

おもいっきり

「ゆっくり見たい映画」

Arrival 道具提供:一般文法論が対話を開く。時制のない言語が想像できない。日本語にもタ系として過ぎたことを静的起点とする。民族文化言語慣習の中で志向と表現の道具として言語があり、対話に到着すれば、相互理解と翻説明できる。都市伝説としてのカンガルーも未知で遭遇から始まる。おそらく誕生間もない未熟な人類が言語を獲得し思考するまでの未知とカンガルーは教えられないと異なる。日本人のアイデンティティなどというのも強要されるには、育てるもののそれを問うことから始まる。道徳情操論のようだけれど、もはや日本語星人の表意文字の少数種民族の希少性を表明したい世界が如何に深大でも実に権利義務の概念の前に道理の倫理へ散離して紛争回避して統治を内なるものに権力を取らずに命を得る生命をまつる。時系列の限界を超え全うす。感情に訴えられると困ること度々界隈の間です。悪しからず渡る世間が狭すぎる。