tadkgwのブログ

おもいっきり

何して遊んだ?

社員旅行に慰安という望郷を久しぶりに遊んだ。さておき、ABの端的は呪物か否かの非といえる、ジンメルほど知を博しないけれど、百円硬貨で鉄製ハサミと交換し同じ財務硬貨で馬れん藷芋と交換する価値尺度への素朴な疑問があった。お手伝い義務教育このかた天下の周り物ではなかったのだ。新自由という価値尺度の絶対に王権神授すら感じる。確かに霊長類という長ヒトは知的生命体なのだろう。創造主を想定する解像度も顕微鏡望遠鏡で感度拡張も羅針盤と火薬と活字印刷も数字と活字を信仰する羽目になる。もはや分離されていて、物象されるかされないかで分岐する。人気者であることのひとけは呪物物象への向き合い方を仮説の尺度として、あちらかこちらかに存する生き物としての感じ方と短絡する。あちらへの落胆で、ご破産算盤発狂戦争と資源としての素材欠乏の不均衡で素材からなる個体の維持も疑問視される現況なのだ。4百字詰め。解党困難な不可視の一人公民党の結社の自由への拘束という無政府統治装置主義を宣言した