tadkgwのブログ

おもいっきり

「好きな街」

愚政回避の疎開論者、衣食住装備派としては、災害の少ない田舎ならどこでもいい。お金があっても地位が有っても役に立たない資源欠乏のガラパゴスでサバイバルでは、よく遊びよく学べしか思い当たらない。糸の切れた邦貨が当てにできないならBIも無駄、交換価値尺度と相互贈与交流によらないと生活もままならないとすれば、老廃物本位で食育文化ぐらいしか生き物としての循環協働が成り立たない。ため池がいるかとか夢想に明け暮れる、はやく自転車移動で十分な好きな街に住みたい、どこかなあ。天下り小役人でも話しの分かるのがましかも、AIのほうがましっだたりしてっとか。人災は怖し債務はもとより債権者も物化生存であるなら加速した資本主義にかわる類的世界システムが希求される動的均衡連鎖ANTを探求する引力が強くなればと期待する。現状納税者だから公務員的で、小選挙区だ清き一票だ言うも少子高齢化で人口比率で結社がリストラしないのは不思議で結社とか有名とか世襲とか縛りのある生存も困りものだろ。悲哀正義のゆくえ I.C.E.特別捜査官を観た。先見性なき刹那なグレーゾーンありのガラパゴスの呑気さ田舎臭さが気に入ってるのかも知れない有色日本語星人である。新陳代謝は最長120歳月の生き物に共通する故、線審なき老廃物本位を素粒子物理として尺度にするのが普遍的無所有の建前と祖先も宗派も党派もなく結論している、共感できる喜怒哀楽の情緒とともに、辛いなあ幸あれ、なんちゃって。